土門と沢田泰司

みえないものを感じることや不思議なことを体感するのが昔からびいきでした。 愛する品物、きれい品物、気持ちいいものを見えることに重きをおくようになり、私も大人になりました。占星術のようなものも、祈ることや、大神を感じることも身近に自然となっていたのは、小さい頃から、おばあちゃんを見ていたからだとおもいます。 信仰逆鱗が強かったおばあちゃんはしょっちゅう大神に歓喜のお祈りをささげていました。 今日も大神有難う。~してかださり有難う。といった具合に。 ガイドもそういったガイドを掴むことが多いです。 現在目先において、度々読んでいるのは、江原氏がかかれた『スピリチュアル養育』という本。 これは養育やる奥様皆さんにぜひともオススメしたいガイドとなりました。 こどもといった接していて本当に神秘的な気持ちになることがあります。 愛情を以て接しているとちびっこが急に繋がる。 母の我々というちびっこもおんなじ場所に表皮に炎症がおきることがしょっちゅうあったり、母と子どもはほんとうにつながっているんだなあといった思わされたりもしました。

歓喜のき抱えをずっともっていれば、シアワセでいられる、は一心不乱だ。一生にはほんとうに色々なことが起きますが、例年気付きを得たり、歓喜したりしていれば、さぞかしだいじょうぶといった、そんなに思えます。
ホスピピュア最新

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です